文字サイズ:

目指すものは、「障害者が働きやすい街」です。

障害者の働くスタイルは2つあります。一般就労と福祉的就労です。

一般就労で働く障害者は増えていますが、職場定着が難しいなどの様々な課題があります。

一方、福祉的就労では、働くためのサポートはあるものの、障害者が得る工賃は全国平均で月に1万数千円程度しかなく、自立した生活を送るには困難な状況です。

私たちは、企業での一般就労と施設での福祉的就労の双方を一体的にサポートすることにより、両者の理解と連携を深め、障害者の働く新しいカタチを模索していきます。

ウェルジョブ ニュース

ウェルジョブ ニュースでは、名古屋市内の障害者施設に関する情報、障害者雇用に関する情報など、ホットな話題を掲載していく予定です。ご参考ください。

新着情報

もっと見る>>

施設検索

施設にはそれぞれ特徴があります。菓子づくりや裁縫に特化していたり、企業に出向いて作業する施設など、個性も様々です。まずは、お近くの施設を検索してみましょう。

雇用契約を結んで働きます。最低賃金が保証されています。仕事内容はデータ入力から軽作業まで様々です。
雇用契約を結ばずに働きます。最低賃金がは保証されていませんが、障害者のペースで働くことができます。
常時介護が必要な方に介護を行うとともに、家事の支援、生活に関わる相談、創作活動や働く機会の提供を行います。

検索商品

名古屋市内の就労に関する福祉施設は約300軒。販売している商品もお菓子から雑貨まで何でもあります。 各施設は利用している障害者ができることに合わせて多様な商品を生産しています。中には専門家を招いて品質を高める努力をしたり、地元のお祭に出店する地域密着型の事業所もあり、施設ごとに様々な取り組みが行われています。

どのような商品があるのか、ぜひ検索してみてください。

区役所に行こう!

名古屋市では、各区役所・支所において、障害者が製作した授産製品の展示・販売を行っています。

授産製品を通じて障害者に対する理解を深め、障害者の就労を支援することを目的として実施しておりますので、ぜひ足をお運びください。

区役所での販売会>>

企業の皆様への支援内容

「障害者雇用は何から始めたらいいの?」、「社内の理解が進まない…」、「長く働いてもらうにはどうしたらいい?」など、社内の理解促進から採用のマッチング、職場定着まで、企業の状況やニーズに応じた効果的な支援をご提案します。

  • 障害者雇用の理解促進
  • 採用準備
  • 実習支援
  • 採用支援
  • 定着支援
  • 企業の社会的責任

詳しくは、「企業の皆様への支援内容」ページ>>

障害者福祉施設への支援内容

「製品の販路を拡大するにはどうしたらいい?」、「請負業務の受注を増やすにはどうしたらいい?」、「パッケージデザインを見直したい!」など、様々なご相談に応じ、利用者の工賃・賃金の向上につながる支援を実施します。

  • 工賃向上
  • 販路拡大
  • 作業効率
  • 品質向上

詳しくは、「障害者福祉施設への支援内容」ページ>>

アクセスマップ

名古屋市障害者就労支援窓口事業
ウェルジョブなごや

〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目20−12 ヨンゴービル4F
TEL:052-433-2328
FAX:052-433-2538